目に良いサプリはどんなの?

 

目サプリランキング

 

疲れ目対策サプリの有効成分とは?

 

疲れ目をサポートするサプリメントの有効成分で、よく知られているものをいくつか挙げてみたいと思います。

 

【ルテイン】
カロテノイドという成分の一種で強い抗酸化力を持ち、紫外線などによって発生する活性酸素を取り除くことで体内の老化や様々な病気を防ぐ役割を果たします。また、ルテインは人間の目にある「黄斑部」という組織に多く存在してブルーライトを吸収・遮断する働きを行うため、PCやスマホのヘビーユーザーにはありがたい成分でもあります。

 

【アントシアニン】
目の神経伝達を良くする効果を持つ成分です。ポリフェノールの1つでもあり、昔から疲れ目の改善をサポートするものとして使われてきました。

 

【ビタミン】
ビタミン類がもたらす効果は様々ですが、特にビタミンA、B群、およびCは疲れ目予防に効果的な役割を持つことで知られています。

 

(ビタミンA)
粘膜および網膜の保護や乾燥を防ぐ役割を持っています。

 

(ビタミンB群)
神経伝達をサポートしたり、たんぱく質の吸収を高めることで水晶体や毛様体筋の活動を促進する効果が期待できます。

 

(ビタミンC)
これについては疲れ目のみならず毛細血管の強化にも役立つので、充血や内出血といった症状を防いでくれる効果が期待できます。

 

【DHA】
昨今、視力回復のサポートについても効果を発揮する成分として注目のDHAですが、これらは青魚に含まれています。豊富な脂肪酸が網膜の細胞を柔軟に保ったり、目の血行を促進させて充血や疲れを解消するという効果が期待できます。

 

【アスタキサンチン】
疲れ目の中でも特に慢性的な症状に効果を発揮するといわれる成分です。ルテインと同じくカロテノイドの一種で、特に加齢性黄斑変性症や白内障などといった目の病気予防にも効果があります。

 

目が疲れる原因と疲れやすい人の特徴

 

疲れ目ってどんなことが原因で起こるのでしょう?原因がわかればどう対応すれば良いかも見えてきます。主に考えられる原因を理解していきましょう。またどのような人がこの症状を起こしやすいでしょうか?これは上記の原因とともに説明します。

 

まず疲れ目の原因としてよくあるものは、目を酷使することです。最近は多くの人がPCやスマートフォンなどを日々使用していますので、想像よりはるかに目を使っています。とりわけデスクワークなど仕事としてずっとPCを見ている人たちは目の疲労が相当強いと言っても過言ではないでしょう。

 

また、日々ストレスを抱えている場合も原因の一つになります。ストレスがかかってくると体のリズムを整える自律神経のバランスが崩れてしまいます。これによって体の様々な筋肉が硬くなり、その中を通る神経や血管も圧迫されるため、目も疲労を起こしやすくなります。

 

睡眠不足がちなのも良くありません。目の周りの筋肉や視神経が十分に休まらないので、日中の疲労が十分に回復しきれず疲れ目を引き起こします。その他生活習慣病予備軍の人や加齢による老化、ドライアイ、乾燥した空気なども症状を引き起こす要素になります。

 

もしも目の疲れを感じたら、適切なタイミングで休憩をはさみ、目をリラックスさせてあげましょう。そして疲れ目の原因には何かしら目の病気が関わっている可能性もありますので、なかなか症状が取れないな、という時は早いうちに病院で診察を受けましょう。そうすれば回復も早まります。

 

疲れ目は頭痛も招く

 

疲れ目の症状ですが、主には目のかすみ、異物感や目の乾き、またピントがうまく合わないといったものが挙げられます。またこの疲れ目は頭痛の原因となることもあります。では疲れ目が引き起こす頭痛について解説しますが、まず症状によって2種類に分かれます。

 

1つ目が「緊張型頭痛」と呼ばれるものです。頭がギュッと締め付けられるように痛み、ひどい肩こりや首回りの筋肉が強く緊張します。なお悪化するとめまいや吐き気といった症状も出てくるので注意してください。

 

2つ目は「偏頭痛」です。これは突然発症し、片側もしくは両側のこめかみにズキンズキンと脈打つような痛みを感じます。時間がたてばだんだん和らいで行きますが、そこまでに数日間要する場合もあります。緊張型頭痛、偏頭痛双方ともに、目の疲れを和らげることで症状を落ち着かせることが可能といわれています。そのためには、下記の3点に注意しましょう。

 

まず部屋の明るさに注意します。明るすぎるのも暗すぎるのも目に負担がかかります。無意識に目の周りが緊張するようでしたら、すぐ明るさを調整してください。

 

2点目は適切なタイミングで目を休めることです。PCを見ながら作業している場合は特に、1時間あたり10分程度の休憩をとることが望ましいです。またその時間を利用して目を温めたり冷やしたりを交互に繰り返し、血行を促進させることで早く疲れを回復させることが可能です。

 

そして3点目は視力に合っているメガネ、もしくはコンタクトレンズを着用するということです。知らぬ間に視力は変化していきます。特にコンタクトレンズはこまめに度数を調整すると良いでしょう。

 

目の疲れ解消には温めるか冷やすかどっちが良い?

 

疲れ目の時は目を温めるといいよ、とか冷やすといいよ、と言われることがあります。さてどちらが正解なのでしょう?答えはどちらも正解です。

 

ただ大切なのは、温めるか冷やすかで目の周りにある血管や筋肉に及ぼす作用や効果が違ってくるということです。むしろ場合によっては逆効果をもたらす可能性があるので注意が必要です。

 

まず温めた場合の効果については、何より血行の促進および筋肉のリラックスが一番に挙げられます。目が疲れることで肩や首回りの筋肉も緊張しているので、温めることでリラックス効果が得られて疲れも和らいでいきます。また疲労が回復してくると粘膜の油分も増えてくるため、ドライアイの症状緩和にも期待が出来ると言われています。

 

ただ目の充血や炎症がある場合、温めると症状が悪化する可能性があるのでできるだけ避けましょう。次に冷やした場合ですが、血管を収縮させる作用があるので症状が軽い時には効果があるかと思います。また充血した時やズキズキした痛みを緩和させたい時にも効果的ですが、一部の視神経に関する病気を患っている場合、冷やすことが悪化につながる可能性もあるので避けましょう。

 

今まで目を温めても目の疲れが取れなかった、もしくは冷やしても症状が良くならなかったという人は、その症状に応じた処置が出来ていなかったということになるかもしれません。都度症状に応じた処置を行い、どうしていいかわからなくなった場合は医師に相談してみましょう。

 

疲れ目の予防・対策にサプリを活用すべし

 

疲れ目を言い換えると、「軽い眼精疲労」と言ったところでしょうか。「軽い」のでそれなりのケアで疲労回復が可能でしょう。そうは言っても症状が出てからのケアではなく、できるかぎり普段より目の細胞、組織や機能を整えて疲れにくいコンディションをキープしておくことが大事です。

 

そんな時にはアイケアを目的としたサプリメントが役に立つでしょう。このようなサプリを取り入れたほうがいい理由が3つあります。

 

まず1つ目ですが、目の細胞へのダメージを減らせるということです。単に目を使うだけでなく、ブルーライトによる刺激やダメージをケアしてくれるというルテインは、ほうれん草やブロッコリー、カボチャといった緑黄色野菜から摂取することが可能です。

 

特にほうれん草はルテインを多く含んでおり、理想としては毎日取り入れたいところですが大量に食べないと必要量が摂取できないため、こういう時にサプリメントを取り入れることで手軽に不足分を補うことができます。

 

2つ目は抗酸化作用が得られるということです。体内に疲労物質がたまると、体は慢性疲労を起こします。
アイケア用サプリメントの多くは抗酸化作用をもつ栄養素が多く含まれているので、疲労回復にかかる時間短縮が期待できます。

 

そして3つ目には副作用の心配が少ないということです。例えば疲れ目用の目薬がたくさん販売されており、点眼する人も多くいますが、市販の目薬には防腐剤が含まれていることがあります。一方天然由来成分で作られたアイケア用サプリメントならば、体へのダメージや副作用の心配がほとんど要らないのです。

更新履歴