3つのかすみ目ケア

疲れ目による目のかすみ予防法を3つご紹介します。まず1つ目は、疲れを次の日に持ち越さない様に気を付けることです。

 

最近の人はとかく目を使いがちですので、その日の疲れはその日のうちに極力とってしまうことが大切です。とりわけ睡眠時間はかならず確保するようにしましょう。

 

目の疲れをとるには起きている時にもできることではありますが、効果的な回復方法はやはり「睡眠」なのです。短すぎる睡眠時間は十分な回復ができませんので、できる限り早い時間にベッドに入るようにしましょう。

 

2つ目は食生活の改善です。日々のケアで目の疲労を回復させることで、かすみ目の症状を和らげることが可能ですが、目の組織や神経、また筋肉全体の機能性を高めていくことによってその回復力をアップさせていくことが可能です。とりわけビタミンやミネラルを含む食品を摂取すると、目の機能性を高めたり、健康維持にも役立つため、サプリメントも上手に利用しながら栄養補給をしていきましょう。

 

最後3つ目ですが、紫外線や空気の乾燥から目を守ることが大切です。目の疲れは単に使うだけでなく、紫外線や乾燥が引き金になる場合もあります。特に紫外線については目の組織を傷つけることもあるので、日差しが強い場合はサングラスをかけたり、目を保護することが必要です。

 

また空調によって室内の空気が乾燥してくると目が乾きやすくなりかすみ目を起こすことがあります。もし乾燥を感じることがあったら、いつもより多めにケアを行うようにしてください。