マッサージで目の疲れをとろう!

簡単なマッサージで疲れ目を解消することが可能です。下記で誰でもできるマッサージ方法を3つほどお伝えしたいと思います。

 

ますはツボの刺激から。実は目の周りには沢山のツボがあるのです。1か所に対して5回ほど押すだけでも効果があるので、押し過ぎには注意しましょう。

 

また誤って眼球を押さないよう、くれぐれも気を付けてください。主なツボを挙げると、「さん竹(ちく)」、「瞳子(どうし)りょう」、「四白(しはく)」、「晴明(せいめい)」といったものがあります。

 

初めての人はツボの場所もよくわからないと思いますが、まずは軽く押して、気持ちいいと感じる場所を探ってみましょう。大体気持ちよさを感じるあたりがツボのあるところとみなしてよいと思います。

 

そして2つ目はこめかみのマッサージです。こめかみという所は筋肉がとてもこりやすい所でもあります。目のすぐそばにあるため様々な筋肉が関わっており、こめかみあたりの筋肉をマッサージすることで目の周りの筋肉も一緒にほぐしていくことが可能です。

 

マッサージのしかたはとても簡単で、まず人差し指、中指、薬指の3本をこめかみに当てて、気持ちいいと思う程度の力で押圧しながら刺激していきます。

 

最後の3つ目は、シャワーを利用してのマッサージです。目が炎症を起こしていたり充血している場合は行ってはなりませんが、筋肉疲労による疲れ目であれば、温かいシャワーで目の周りをマッサージしながらほぐしていきます。温まって血行が促進されるので、疲労もだいぶ取れてくると思います。