充血を緩和する正しいケアを知ろう!

目は使いすぎて疲れてきた時に、充血を引き起こします。症状を緩和させるには正しいケアを行うことが必要ですので、主なものを3つ上げたいと思います。

 

まず1つ目に、目を冷やすことが大切です。目に疲労がたまると酸素や栄養分が不足するため、それを補おうと血流が増え、血管が拡張します。それを元に戻すために冷やしてあげることで充血が改善されてきます。

 

2つ目に、やたらマッサージするのは避けましょう。マッサージを行うことで目もとの血行が良くなり、よけい充血がひどくなる場合があります。

 

また目の周りを走る血管はとても細いので、拡張している状態の時に強い刺激を与えるのは内出血の原因にもなります。

 

正しいマッサージの仕方がわからないということなら、目薬を使用して栄養を与えたり、目を休ませてあげてください。どうしたら良いかわからなくなった場合は眼科へ相談してみると良いと思います。

 

3つ目は、血管収縮剤というものが含まれている目薬の使用です。市販のものでも良いですが、これを使用することによって強制的に血管を収縮させて、充血をとることができます。

 

ただこれはあくまでも対症療法です。休ませることなく目を使い充血したら目薬をうつ、ということが繰り返されると眼精疲労を招く可能性があるのでどうか注意してください。

 

これらを通じてそもそもやはり大事なことは、充血するほど目を使うのはやめましょう、ということです。どうしても目を使うことになる時は、十分なケアと栄養補給、睡眠時間の確保につとめましょう。